製造業でのポカミス防止対策の「ポカヨケ」とその事例

製造業ポカヨケ事例

誰でもやってしまう「うっかりミスや見落とし」、それが「ポカ」

ポカミスは誰でもやってしまうもの、大事なのは同じミスを繰り返さないことです。しかしながらどんなに気を付けているつもりでも、同じようなポカミスが減らないことに悩んでいる方もいるでしょう。

特に勤め先が製造業の会社だと、一人のミスが後の工程の遅れや大損害に直結することもあり、他の仕事よりポカミスへの配慮が大事になってきます。ですがその配慮をするためにはまず、何が原因でポカミスが起こるのか知る必要があります。

製造業でのポカミスの代表的なものとして、目視検査をしたにも関わらず、不良品を良品に混じらせてしまう等のミスが挙げられます。製造業では単調な作業が多めで、慣れるほど無意識で仕事をすることが増えます。そしてその無意識での仕事モードに頭が切り替わっている間は、不良品を見つけるという作業が普段より難しくなるのです。

例えば、「あ」という文字が百文字羅列された中に一文字だけ混じっている「ぬ」を見つけろと言われたら、大抵の人は簡単には見つけられません。何故なら多数ある「あ」という文字に引きずられて「ぬ」という文字も「あ」に見えるからです。

作業ミス防止のための対策が「ポカヨケ」

不良品を良品に混じらせてしまうミスも、それと同じだと言えます。つまり頭が殆ど「良品」のはずだと経験や法則から認識してしまっているので、少しだけ混じった「不良品」を見逃してしまう確率が高くなるという訳です。そういった理由から不良品の確認が甘くなりやすいため、こういったポカミスが起こりやすいのです。こういうポカミスを含め、ミス全体を防止するためには、始末書や注意だけでなく、現場にミスを減らすためのシステムを組み込む必要があります。

そういう製造ラインにおける作業ミス防止のためのシステムを、俗に「ポカヨケ」と言います。「ポカ」を「ヨケル」というのが語源です。実はこのポカヨケという考え方自体は、身近にも取り入れられています。

例えば車のドアが閉まりきっていない状態だった時に、車のライトが光ってそれを教えてくれるのがそうです。ドアが閉まっていないことをライトで警告することで、ドアを開けっぱなしというポカを防止する役割を果たしているわけです。

このポカヨケにはそういったミスを防ぐという意味だけではなく、作業員の安全性を守るという意味合いも含まれています。作業員が安全に仕事ができる環境を整えることは、命を守るのはもちろんですが、社員の怪我による急な人員不足を防いで製造ラインを確保するということにも繋がります。

先でポカミスの例として挙げた、目視検査による不良品見逃しも、ポカヨケを組み込むことで回避することができます。例えばある会社では、目視検査の工程を機械による正確な画像検査に切り替えることで、不良品の流出率が激減したという事例があります。さらに副産物として工程削減による生産効率の上昇や、機械にインプットされたデータを見ることで品質管理の簡易化もできたため、ポカヨケ以外にも多大な効果があったようです。しかしながらこういった方法をとる場合は、設備導入のためにお金がかかるため、中小企業などでは厳しいポカヨケ方法と言えます。

お金をかけなくとも実践できるポカヨケ事例

ですがポカヨケは何も、機械設備による対策だけを指したものではありません。中には仕事のやり方を工夫するだけで、一定の効果を上げるポカヨケもあります。例えば商品の加工を機械にプログラムした人が、そのままその商品の不良品検査も受け持つ、というやり方で仕事をしている場合等です。このケースだと自分が作ったものだから大丈夫だろう、という根拠の無い先入観が検査者に出来る可能性が高いため、ポカミスが起こりやすいと言えるでしょう。そこでポカヨケとして検査者と製品の加工者は、絶対に別にするという簡単な対策を講じるだけで、一定の効果が見込めます。

ポカヨケはお金をかけずとも工夫次第で実践できるものです。

まとめ

「ポカ」が発生したら、まずは原因分析をはじめましょう。そして同じ失敗を2度としないように「ポカヨケ」を考えるクセをつけましょう。

「大事なことを思い出す」無料通知サービス「WASURENZO」

うっかり防止サービス「WASURENZO」が、「大事なこと」をあなたが望むタイミングでメールでお知らせします。免許や資格の更新日、大切な人の誕生日、スマホや賃貸マンションの契約更新日などを自由に登録できます。