うっかりミスで運転免許証を失効してしまったら

運転免許うっかり失効

日本では運転免許証の更新が義務付けられており、定められた期間に更新を忘れてしまうと免許証が失効となります。免許証が失効した状態で運転をしてしまうと、それは無免許運転となり行政処分の対象となってしまいます。

運転免許の失効に気づいたら

では、運転免許証が失効した場合はどうすればいいのでしょうか。

まず免許証の更新は3年もしくは5年ごとの誕生日の前後1か月を更新期間とされています。うっかり更新を忘れていたという場合は失効となりますが、失効後6か月以内であれば講習を受講し、適性試験を受けるだけで免許証が再交付されます。

問題は失効してから6か月以上が経過していた場合です。

うっかり失効ではなくやむを得ない事情があったときはその事情が解決してから1か月以内に手続きを行えば失効から6か月以上3年未満であれば適性試験のみで再交付されます。この場合のやむを得ない事情とは海外旅行などで日本国内にいない場合や、病気怪我などで入院していた場合、法令規定により身体の自由を拘束されていた場合などが当てはまりますが、入退院日が記載された診断書やパスポート、在監証明書などでその期間を証明する必要があります。

6か月以上失効すると手続きが大変!

ではうっかり6か月以上更新を忘れていた場合はどうすればいいのでしょう。

6か月以内であれば前述のとおり試験の一部が免除され適性試験のみで再交付を受けられますが、6か月を超えると学科試験や技能試験の免除がありません。具体的には6か月を超え1年未満であれば仮免許試験は免除され本免許試験の合格で免許が再交付されます。

1年を超えてしまうと仮免許試験からのやり直しということです。また、免許証の失効にはいいことは一つもありません。本来なら優良運転者講習だけで交付されていたものが、本試験や仮免許試験を受けないといけなくなるとその分講習料などが加算され、また再交付されるまでに時間がかかるなどお金も手間もかかります。

免許証の更新は運転免許センターや警察署でできますが、失効の場合の手続きは運転免許センターでしか行っていない都道府県もあります。まずは管轄の警察署や運転免許センターで失効後の流れを聞くことが大切です。その際に運転免許がどのくらいの期間失効しているかでその後の流れが変わってきますので、手元に失効した免許証を置きながら問い合わせるとよいでしょう。

実際の運転免許再交付までの流れは?

うっかり失効による免許再交付の大まかな流れは以下のとおりです。

失効に気づいたらなるべく早く運転免許センターへ向かいましょう。その際に必要なものは失効した運転免許証と本籍が記載された住民票です。また、写真を自分で用意していく必要があれば持っていきましょう。その他視力検査がありますので、必要な方は眼鏡やコンタクトを忘れないように注意してください。手数料や再交付料などお金もかかりますので、余裕を持たせると安心です。

失効から6か月以内の場合

失効から6か月以内の場合は、免許証の再交付に必要なものを窓口に提出すると、適性試験を受けさせられます。その後講習を受けて免許証が再交付されます。

失効から6か月以上1年未満の場合

失効から6か月以上1年未満の場合は、窓口で失効仮免と書かれた申請書をもらいます。申請書に必要事項を記載し、窓口に持っていき視力検査などを受けると、仮運転免許証が発行されます。その後仮免の有効期間である6か月以内に指定自動車教習所を卒業し、運転免許試験場で適性試験、学科試験に合格することで免許証が発行されます。もしくは、仮免発行後に特定教習や路上練習を行い、運転免許試験場で適性試験、学科試験、技能試験に合格することでも可能です。金銭的に余裕があれば指定自動車教習所に通い、運転技術に自信があれば一発合格を目指してみてもいいのではないでしょうか。

失効から1年以上の場合

失効から1年以上の場合は、完全に免許証が失効した状態ですので、指定自動車教習所の第1段階からスタートし、仮免許の学科試験および技能試験に合格後6か月以内に卒業し、本免許の適性試験、学科試験に合格することで免許が発行されます。もしくは、適性試験を受け仮免許の学科試験および技能試験に合格し、仮免許交付中に特定教習と路上練習を受け、運転免許試験場で適性試験、学科試験、技能試験に合格することでも可能です。

まとめ・防止策

免許証の失効から再発行までの流れを見ていきましたが、とても面倒なものです。失効する前に更新をすることでこの一連の流れからは逃れることができます。そのためにも自分の運転免許証がいつまで有効かをきちんと把握しておくことが大切です。不安な人は毎年誕生日の前後に免許証を確認する、カレンダーに記載しておくなどの対策を講じましょう。

「大事なことを思い出す」無料通知サービス「WASURENZO」

うっかり防止サービス「WASURENZO」が、「大事なこと」をあなたが望むタイミングでメールでお知らせします。免許や資格の更新日、大切な人の誕生日、スマホや賃貸マンションの契約更新日などを自由に登録できます。