【仕事のミスを減らしたい】どうにかしたい!うっかりミス防止・対策

【仕事のミスを減らしたい】どうにかしたい!うっかりミス防止・対策

仕事をするにあたって、だれでもミスや失敗は避けたいもの。それでも、多くのビジネスパーソンを悩ませるのが「うっかりミス」です。

どんなビジネスパーソンでも、過去を振り返れば、気づかないうちにうっかりとミスをして失敗したことはあるはずです。

以下では、うっかりミスを防止するための方法について見ていきます。

うっかりミスは、注意力が原因で生じるものと、記憶力が原因で生じるものに大きく分けることができます。

1.注意力が原因で生じるうっかりミス

たとえば、上司に提出する報告書の誤字脱字や記入漏れなどを挙げることができます。メールを送信する際に添付ファイルをつけ忘れることや宛先を間違ってしまうことも、その例として挙げることができるでしょう。注意力不足が原因でうっかりミスを引き起こしてしまう人は、しっかりと確認作業を行っていないと考えられます。

報告書を提出する際やメールを送信する際は、一度その内容について見直す習慣をつけましょう。ミス防止のチェックリストの作成や指差しでのチェックを取り入れることや、人目を気にする必要がないならば声に出して確認することもおすすめです。日常でも、戸締りの際やガスの元栓を閉める時などに確認作業をすることを習慣づけると、防犯や防災がより確実になります。

2.記憶力が原因となって生じてしまううっかりミス

記憶力が原因となって生じてしまううっかりミスは、何か大切なことを忘れてしまうことを指します。たとえば、「友人と飲みに行く約束をしたが、その日は結婚記念日だった!」というような、何か重要なイベントをうっかり失念していたことは多くの人に思い当たる節があるでしょう。また、どこかへ行く際に必要なものを持参していなかった経験なども多くの人にあるはずです。

人間の記録力には限界がありますので、忘れることは自然なことなのですが、失念の程度がひどくて悩まされている人もいると思われます。
物忘れが激しい人は、自分の脳に覚えておくべきことをインプットするだけでなく、メモの形で記録に残しておくことをおすすめします。手帳やスマートフォンなど、普段から持ち歩くものにメモを残す習慣をつけるといいでしょう。設定しておくと大切な予定を告知してくれるスマートファンのアプリもありますので、そういったものを有効活用することができれば、記憶力が原因でうっかりミスが生じるのを、高い確率で防ぐことができると期待できます。

人よりも多い頻度でうっかりミスをしてしまう人は、普段の生活習慣を見直してみる必要があるかもしれません。寝不足や飲酒などで普段から脳のコンディションが悪いと、注意力が散漫になり、記憶力も低下することでケアレスミスが発生しやすくなります。夜更かしや深酒をすることが癖になっている人は、まずは生活習慣を改めることが仕事でのうっかりミス防止やケアレスミス対策のための第一歩です。

うっかりミスは引きずらないことが大切

うっかりミスを防止する上で、一度してしまったうっかりミスに気を取られすぎないことも大切です。一回のうっかりミスをずっと気にして、他の業務に支障をきたすような悪循環に陥ってしまうと最悪です。一度のうっかりミスがミスの連鎖を引き起こし、それが深刻なミスにつながっていく可能性もあります。ミスをしてしまったら反省することは大切ですが、そのミスをいつまでも引きずらないことも重要です。失敗をして少なからず動揺してしまうことは、若手のビジネスパーソンであれば大いにあり得ることです。何かミスをしてしまい、それが自分にとって深刻であると感じるなら、一度仕事の手を止めて気持ちを落ち着けることをおすすめします。

まとめ

うっかりミスを普段から防止するように心掛けることはもちろん大切です。うっかりミスの多い人は早急に改善する必要があるかもしれません。しかし、ビジネスパーソンなら、誰でもうっかりミスをした覚えがあるものです。どんなに優秀な人でも失敗のない人はいません。むしろ、失敗を通してビジネスパーソンとしてのステータスを高めていくことのできる人が優秀であるとさえ言うことができます。ミスを糧にすることでビジネスパーソンとして成長できるということを忘れないようにして、ミスをしてもその経験を将来に生かせるようにすることが重要です。