【仕事のミスを減らしたい】どうにかしたい!うっかりミス防止・対策

「うっかり」とは

注意が行き届かないさまや忘れてしまったさまを言う。例文として「うっかりしてました」、「うっかりミス」、「うっかりしゃべってしまった」、「うっかりして電車を乗り過ごした」などがあげられる。不注意な人やまぬけなミスをした人を「うっかり者」という。基本的には本人が失敗を言い訳する際に使用する

「うっかり」の語源は?

「うっかり」は、「浮かり」という言葉が変化したもの。「浮かり」は、心づかずぼんやりとしているさまを言い、心がふわふわ浮いている状態です。「浮かり」は何か美しいものや大事なことに心を奪われてしまい、ぼんやりしているさまですので、現代の「うっかり」より風情があります。

「うっかり」の類語は?

「ぼんやりしていて」、「 注意が足りなくて」、「思わず」、「何気なく」、「へまして」、「しくじって」

「うっかり」を英語で言うと?

単語だと、<気づかずに、ぼんやりして>の意図で「inadvertently」や「carelessly」があげられる。よく使う自分で言い訳する際の言い回しとして「It slipped my mind.」があげられる。また、ミスやへまをしてしまった際の表現として「I am sorry」や「 I was so careless」といったシンプルなお詫びの表現でも意図が通じる。

「うっかり」を中国語で言うと?

「不注意」、「不留神」という表現で注意が行き届かないさまとなる。

うっかりミスを防ぐには

「うっかり」は誰にでも起きるものです。日常生活の中で「忙しいとき」や「何かに夢中になっている際」にはつい大事なことでもつい忘れてしまうことがよくあります。人間の記憶は「短期記憶」と「長期記憶」と別れており、「短期記憶」にある情報はもともと忘れやすい状態にあります。だからこそ、「メモを取る」、「何度もメモを見返す」といった行動で、大事なことを「忘れる」という行為を防ぎ、思い出す必要があります。

うっかりミス防止サービス「WASURENZO」は、「人間が忘れやすい生き物」だということを前提に、シンプルに「大事なことを思い出す」をサポートする機能です。

「大事なことを思い出す」無料通知サービス「WASURENZO」

うっかり防止サービス「WASURENZO」が、「大事なこと」をあなたが望むタイミングでメールでお知らせします。免許や資格の更新日、大切な人の誕生日、スマホや賃貸マンションの契約更新日などを自由に登録できます。